グルメ 胆石除去の為の腹腔鏡下胆嚢摘出術/胆石とは?痛みは?
胆石除去の為の腹腔鏡下胆嚢摘出術

Menu


腹腔鏡下胆嚢摘出









 

胆石除去の為の腹腔鏡下胆嚢摘出術


胆石症や胆嚢炎の手術で、従来は開腹で行われていましたが、その後数mm~10mmの非常に
小さな傷を3~4ヵ所開ける4ポート法で、腹腔鏡と言われるメスやカメラを入れ、モニター映像を
見ながら、細長い手術器具を遠隔操作して胆嚢と胆石を手術で取り出します。
特殊な手術ですが、腹部を切る普通の手術に比べて傷が非常に小さく、傷も目立たたず、痛みも軽度で、 早期に社会復帰できるという、体にも、財布にも優しいという利便性があります。

症状によりこの手術が難しい場合は初めから開腹手術であったり、腹腔鏡で観察してから開腹手術に
移行する事があります。

今でも進歩して、へそ部を1箇所切るだけの単孔式が確立され大きな病院では件数をこなしている
ようです。
胆嚢炎でもこの術式で出来る例があるようです。

 

胆のう・胆管とは?

胆のうは肝臓で作られた胆汁を肝外胆管の途中で貯留しておく貯蔵庫で、胆嚢は食物が胃から
十二指腸に移動すると収縮して、間隔良く胆汁を十二指腸内へ排出し、消化吸収を助けます。
胆嚢に病変が存在すると胆嚢の機能は低下し、胆嚢炎を起こした場合はほとんど機能がないと
思われます。
結石だけ摘出し機能低下した胆のうを残しても、ほとんどの場合、結石が再発すると言われています。

胆管は肝臓で作られて胆汁を十二指腸まで続く管で、肝臓内から木の枝が幹に向かって集まるように徐々に合流して太くなり,最後は一本となって十二指腸に向かっていきます。

胆石とはどんな病気なのでしょうか?

胆石(胆のう結石)とは胆のうの中に出来る病気で、胆のう内の胆汁成分の変化や細菌感染が
原因と考えられています。
胆のうの中で石が動いている時はあまり症状は出ません。

胆嚢結石、胆管結石、肝内結石とに分けられます。
症状が出た場合は治療する必要がありますが、素人では判断がつかないので医師に相談し
エコー(超音波)で診て 貰いましょう。

胆石症での痛みは? 場所は?

石が胆のう管の近くや、胆のう管の中にはまってしまうと、みぞおちや右脇腹に激しい痛みが
生じます。
食事をすることにより胃と連動して胆のうが収縮して胆のう内から胆汁を出そうとしたときに収縮
し胆のう内にできた結石が動きますが、胆のうの出口または、胆管の入り口に結石がひかかって
しまいこの時に痛みが発生します。
この激痛は 「疝痛発作」 と呼ばれています。

食後に痛むことが多く、胃の痛みと思っている人もいます。
 ※現に私が市販の胃薬を飲んでいました。

大きめ石ならばはまったり、胆管に引っかかったりするのは想像できますが、仁丹のような
小さな石ではどうでしょうか?
小さな石が出来ている時は数十~数百出来ている事は多いようです。
 ※私の場合は大きいのはマーブルチョコレート(15~20mm位)小さいものは仁丹くらいで
  50以上はあったのではないでしょうか。

小さなものでも胆のうの収縮で一気に胆管などに降りると疝痛発作を起きます。
人それぞれでしょうが・・・・想像を絶する痛みです。
背中や胸,脇腹に激痛が走り、脂汗を流し、言葉を発する事も出来ません。
じっとしていられず、楽な姿勢を探すのですが、どんな体勢を取っても楽になんかなりません。
「転げ回る」まさにこれです。
私の場合は背中、腰の痛みは強くはでませんでしたが、みぞうちと右肋骨周りの激痛で
ふとんの上でのたうち回りました。
トイレにいったり戻したりもしました。

初期症状ではイスの上で何とか我慢出来るくらいで10~20分程の発作が単発的に来ました。
胃炎かと重い胃薬をのんでしばらくすると落ち着いたので医者にも行かず放置していました。

夕方や朝方空腹時に、 1~2ケ月程経過して徐々に痛みの時間が長くなってきて
30~40分そのうち 60分とか続き痛みを酷くなりこれは普通ではないと・・・・

胆嚢結石、胆管結石、肝内結石とに分けられます。
長時間の痛みは少なく、はまった石が取れると痛みがさーと引けます。
症状が出た場合は治療する必要がありますが、素人では判断がつかないので医師に診て
貰いましょう。

胆石でも疝痛発作しない方もおられます。全く痛みのでない無症状胆石といわれるもので
症状が出ない分検診でひかかったり、胆石が一杯であったり酷い病状に進展することも
あり得るわけです。
また、鈍痛や腰・背中に違和感だけの方もいます。

あの痛みは二度と味わいたくありませんが、早めの自覚症状と早期治療で胆嚢炎や
胆管がんといった悪性に転移しないうちに摘出で完治できれば良いですね。

女性の方で出産経験者談によると、いつ発作が来るか判らない恐怖心と激痛は
出産の比ではなかったとか・・・。 男性にはわかりません(^^;

胆のうを取ってしまっても大丈夫?

胆のうの目的は、肝臓で作る胆汁を一時的に貯蔵し濃縮させて、脂肪を含んだ食物が十二指腸
に来ると収縮し、濃い胆汁を十二指腸に出して脂肪を消化する事となっています。
胆のうを切除すると胆のうの機能はなくなり、胆汁は直接十二指腸に流れるようになりますが、
体が胃液でも分解されうまく順応して実生活上は問題とされていますが、体質によって牛乳が
飲みずらくなったり、脂分過剰摂取で下痢を発生する人がいるようです。

胆のう
内臓配置図

内部イメージ図

 

危険性について

 

関連書籍

腹腔鏡下胆嚢摘出術
総胆管結石手術

自身や家族が胆嚢摘出をしなければならなくなった時に勉強のために購入するとよいです。
・発売日:2008年01月
・サイズ:単行本
・ページ数:85p

動画でわかる腹腔鏡下胆嚢摘出術
基本から技術認定まで

・発売日:2008年07月
・サイズ:単行本
・ページ数:246p

胆道外科の要点と盲点

胆道外科医には緊急処置・緊急手術に対応できるフットワークの良さが必須であり、長時間の手術に順応するねばり強さも必要。

・単行本: 448ページ
・出版社:文光堂; 第2版
・発売日:2009/02

膵臓・胆のう・胆管の病気

・発売日:2007年04月
・サイズ:単行本
・ページ数:191p